つかんで離さぬ・落ちない蝉、魔除け天神の眷属へ

鎮守の森の中で、榊の木の葉をつかんで離さず1年間も落ちなかった蝉(天神蝉)、そして神社の眷属(けんぞく)へ
MENU

少なくとも2回は台風が来たのに・・

 

昨年(平成30年;2018)の年度末12月に、神社境内地の山の中で、1匹の蝉の脱け殻を見つけました。

 

その蝉の脱け殻は、小さな榊の木の葉に、しがみついていました。

 

 

おそらく、昨年の夏(7月か8月)に脱皮した蝉の脱け殻だと思うのですが、

 

その後少なくとも2回は台風が来て、その間もずっと落ちずにここに居た、ということになります。

 

 

発見したその日も、山風が吹いていて、木々の枝葉が揺れていました。

 

こんな状態で5ヶ月以上も落ちていないなんて・・ しかも台風が来ても落ちないって・・

 

 

そのとき、その蝉の脱け殻を採取しようと思ったのですが、いやまてよ、と。

 

どこまで落ちずにいられるのか見てみようと思い、観察を続けることにしたのです。

 

 

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

 

 

新年(平成31年)となり、1月、2月、3月、4月と過ぎ、、そして5月、令和元年を迎えました。

 

その間も、風が吹こうが、雪が降ろうが、雨が降ろうが、落ちませんでした。

 

 

あじさいの6月も過ぎ、7月に入ると、今年も蝉が鳴き始めました。

 

 

見に行くと、相変わらずそこに居てがんばっていましたが、私は、蝉の鳴き声を聞きながら、

 

「この蝉の脱け殻は、平成から令和に渡ってがんばり続け、しかも、再び、夏を迎えたんだ。すごい蝉だな・・」と、

 

そして、その蝉の姿を見ていると、

 

もう十分ですから、ゆっくり休んでください。この1年間、12ヶ月、ほんとにご苦労様でした。

 

という想いがわいてきたのです。

 

 

そこで、蝉の脱け殻を採取することに決め、天神様の縁日(25日)をその佳き日と定め、

 

天満神社の夏祭り7月24日・百燈祭の翌日、7月25日に、その蝉の脱け殻を(榊の木の枝ごと)採取しました。

 

 

そして、祭式:お祓いをして祝詞奏上した後、丁重に収納箱に納め、

 

魔除け天神の眷属(けんぞく;神様の遣い=神使)として、拝殿内の神棚に安置しました。

 

 

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

ここまで落ちないのは、なんかもう、神懸かってますよね。

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

つかんで離さない落ちない蝉の脱け殻−天神蝉

7月25日の天神様の日に、もう一匹の蝉が同じ場所で脱皮しました。

落ちない蝉の抜け殻−2匹ペアつがいアベック恋人たち恋愛夫婦良縁

落ちない蝉の抜け殻−2匹ペアつがいアベック恋人たち恋愛夫婦良縁

落ちない蝉の抜け殻−2匹ペアつがいアベック恋人たち恋愛夫婦良縁

落ちない蝉の抜け殻−2匹ペアつがいアベック恋人たち恋愛夫婦良縁

落ちない蝉の抜け殻−2匹ペアつがいアベック恋人たち恋愛夫婦良縁

落ちない蝉の抜け殻−2匹ペアつがいアベック恋人たち恋愛夫婦良縁

 

実はよく見ると、この2匹以外に、後ろの榊の葉にもう1匹の小さな蝉の脱け殻が付いています。

 

採取したのは7月25日の午後で、早朝に見に行ったときにはいつもの1匹でしたので、

 

新たな2匹は、まさに採取されようとしている7月25日(天神様の日)に脱皮したんですね。

 

まるで、

 

これまで一人がんばってきて、寂しかったでしょう、、ごくろうさま

 

と、ねぎらっているかのようです。

 

 

 

・・それにしても、

 

この榊の木の葉以外は、周りの木々を見回してもどこにも、蝉の脱け殻は付いていませんでした。

 

これだけたくさんの木があり、無数の葉があるのに、どうしてまたわざわざこの木の葉で脱皮したんだろう・・

 

しかも、他の日でなく7月25日ぴったりの日の、採取される直前にここに来て脱皮したんだろう・・・

 

 

ほんと、不思議です。

 

 

 


魔除け天神(若狭野天満神社)の神様の遣い、眷属へ

魔除け天神(若狭野天満神社)の眷属へ

魔除け天神(若狭野天満神社)の眷属へ

魔除け天神(若狭野天満神社)の眷属へ

魔除け天神(若狭野天満神社)の眷属へ

魔除け天神(若狭野天満神社)の眷属へ

魔除け天神(若狭野天満神社)の眷属へ

魔除け天神(若狭野天満神社)の眷属へ

魔除け天神(若狭野天満神社)の眷属へ

魔除け天神(若狭野天満神社)の眷属へ

魔除け天神(若狭野天満神社)の眷属へ

魔除け天神(若狭野天満神社)の眷属へ

1年もの長き間、つかんで離さず落ちなかったその凄い力を

 

どうか、私たちにもお授けください。

 

 

そして、友の蝉を引き寄せたように、良縁(相手)を引き寄せ、互いにつかんで離さず、

 

幸せな永久の縁の結びとなりますよう、見守っていてください。

 

 

 


このページの先頭へ