若狭野天満神社(魔除け天神)

学問の神様と、蝉の縁起


天神合格「蝉」守り

落ちない蝉セミの

合格祈願お守り

◆学問の神様  菅原道真公◆

若狭野天満神社の主祭神のお一人である「菅原道真(すがわら みちざね)公」は、武術(弓道・馬術・剣術)、学術(文章博士;学者の最高位)、政治(右大臣;太政官)、文学(文人;和歌・漢詩)、芸術(書道;書の三聖の一人・彫刻・茶・刀工)、呪術(陰陽道)など、あらゆる分野に類い希なる才能を発揮した、文・武両道に秀でた学問の神様です。親しみを込めて、天神さんとも呼ばれています。

◆天神合格蝉守り◆

『天神合格蝉守り』(てんじん ごうかく せみまもり)は、その天神さんを祀る若狭野天満神社の御神域・境内(山)で見つけた「蝉(セミ)の脱け殻(抜け殻)」が入っている合格祈願のお守りです。

あなたが望むものを

つかんで離さない

蝉は、何年もの長い間、地中で過ごし、

ここぞというタイミング(夏の晴日)で

這い出てきて、

木などの高い場所へ

よじ登って這い上がり


木の枝や葉に足でしっかり掴まった状態で、

脱皮(羽化)して成虫の蝉となります。





 高い所へ這い上がり

   がっしりつかんで

       離しません!

将来、立派な成虫の蝉となって羽ばたくために、

忍耐強く土の中でがんばり続ける。

そして、いざ勝負のときには一気に這い出てきて、

上へ上へと高みを目指して昇っていく。


昇った先では、しっかり掴んで

チャンスを逃さない。


学問の神様

「菅原道真公」の御神霊力と

「蝉の縁起」の力を授かって

セミ(蝉、蝉の脱け殻)は、日本だけでなく、

世界中で、幸運の縁起物とされています。

五角(合格)形の桐箱に入っています

一緒にがんばる、心の支えに

蝉の脱け殻をアクリルケースに入れて

金・銀・紫・緑の合格桜と末広扇の波模様

てんじん  ごうかく  せみまもり

天神合格蝉守り

初穂料 2,500円


若狭野天満神社の境内・御神域で見つけた

「蝉の脱け殻」が入っている御守り。

五角形の桐箱に入れて。

天満神社境内で見付けた

落ちない蝉の抜け殻たち

風が吹いたって、ガシっと掴んだまま

木の枝や葉にしがみついた蝉の脱け殻は、少々強い風が吹いたって、落っこちません。大きな前足でガシッと挟んで掴み、中足や後ろ足の爪も突き刺して引っ掛け、体をしっかり固定してます。

ところで、紅葉の葉っぱの形って、五角形のような形をしてますよね。まさに五角(合格)を掴んで離さない! 根性あります。

合格は、学校の受験の話だけではない
菅原道真公も、人知れず努力し続けた

あなたにとって幸せとなる

真の合格へ導いてくれます




・・ 昔、私も受験をしました。

あこがれて、行きたかった学校でした。


私のことを応援して下さっていた

ご年配の方が、地元の神社の合格お守りを

受けて渡してくれました。



浪人もして、結果として、

当初行きたかった所とは別の学校へ行く

ことになり、その受験結果をご年配の方に

報告に行きました。


すると、私にこう言ってくれました。



「きっと、その学校こそが、

あなたにとって

合格すべき学校だったのよ」




正直、心のどこかに晴れない気持ちも

ありましたが、でも、

その言葉を胸に、その場所でがんばりました。

そしてさらに上を目指して進学しました。


卒業後、社会人となって、

回り道もいっぱいしましたが、


これまで学んできたことは

神職の奉務にも生かすことができ、

今の自分へと繋がっています



最初はこの道しかないと思って

いましたが、振り返ってみれば、

最初とは違う道のお陰で、今があります。

何が合格で何が不合格かなんて、

結局のところ私達人間には分かりません。




とは言っても、まずは自分の目標に

合格できるよう、人事をつくして、

全力で頑張らなければいけないと思うのです。


そうしているうちに、

神様は、

自分にとっての真の合格、人生の合格へと

導いて下さるのではないでしょうか。






・・いま、ふと思いました。


道真公の御名前は、”真” の ”” だと。

 


1つ1つ、積み重ねた

その道の先には

あなたの合格が必ずあります


「今年の残り時間」

:
:
:
:
:

さあ、まずは目の前にある

1つに集中してがんばろう


<合格への具体的な方法>

 

あなたは受験生の方ですか?

もしそうでしたら、今は、人生の合格といった話も大事だけれど、まずは受験(入学試験や資格試験)に合格したい、ということが一番の関心事だと思います。そこで、(拙い話ですが)これまでの自分の経験で実際にすごく役立った、受験に合格するための具体的な方法「大切な心構えを、3つほど(◆1.~◆3.)記したいと思います。



 


受験勉強は、どんなに応援や励ましがあっても、やっぱり最後は、自分自身と向き合わなければならないし、辛くてもしんどくても、1つ1つ自分で乗り越えていくしかないですよね。その辛さや孤独な気持ち、よく分かります。でも思うんです、そのことこそが、あなたを強く、そして優しい、魅力的な人へと成長させるんだということを。



 


そしてもう1つ。


そうやってがんばっているあなたを、神様はちゃんと見ています。あなたの側にいます。だから、決して孤独なんかじゃありません。神さんを想い、そして自分を信じて進んでいくとき、不思議なご縁がつながって、気付けば「合格」をつかんでいます。


01

「◆1.受験は、賢くなることが目的ではない」

 

知識をいっぱい身につけて、賢くなれば自然と受かると思ってませんか? 賢くなるのは受かってから、研究者になってから好きなだけ時間を使ってやってください。でも受験生には時間が無い。まず、目標とする学校・資格試験の過去問を解きまくり、そこから「逆算」し、受かるために必要な戦略を立て、それに集中して勉強してください。合格からの逆算思考が大切です。

02

「◆2.暗記は、五感・体感とイメージを使って」

 

ただ単に暗唱したり書き写したりするのではなく、五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)を駆使し、体感的なイメージとして覚えると、なかなか忘れませんし、思い出し易くなります。人には言えないような、変なイメージと結びつけるほど強烈に記憶に残ります。例えば、、、ちょっと変すぎて、ここでは書けません。

03

「◆3.やりっぱなしではなく、繰り返す工夫を」

 

これまでに受けた模擬試験、学校や塾で解いた問題など、1回やって終わりではなく、何度も繰り返して見直せるような工夫が必要。

せっかく貴重な時間を掛けたのに、もったいないですよね。私は、ルーズリーフに問題を貼って解き、バインダーから外して持ち歩いて隙間時間を見つけては見直ししてました。それと、参考書は吟味して良いものを選ぶことも、繰り返すための工夫の1つです。

最後に、

大事なことを1つ




あなたの人生の合格を阻む

一番の原因、、それは、、


私は頭が良いとか悪いとか・・

私は運が良いとか悪いとか・・

そういうのではなく、



・失敗したくない


・拒絶されたくない



失敗したらどうしよう、

拒絶されたらどうしよう、


現実を突きつけられることへの

自分が傷つくことへの


「怖れ」や「不安」


これこそが、一番の原因。





怖れや不安、その気持ちを

一度じっくり観察してみて下さい。


あなたを苦しめているものは、

実は、怖れや不安となる対象ではなく、

「怖れ」「不安」という感情そのもので

あることに気付くでしょう。




自分自身で恐れや不安を作り出し

作り出したその恐れや不安に対して

さらに恐れや不安を作り出していく


もう、そんなもの、

手放しちゃいましょう。


(いつも自分を守ろうとしてくれる

恐れや不安さん、ありがとう!って

ねぎらってあげて下さい。

きっと、手放せますし、逆に、

恐れや不安が、あなたを助ける

大きな力に変わってくれますから)






蝉のように、


その「殻」を破り、


「怖れ・不安」なんて脱ぎ捨てて、


行動の一歩を踏み出せば、



受験だって、

仕事だって、

恋愛だって、



自ずと道は開けます。





合格を、つかもう


つかんで離さない

蝉が持つ縁起の力と


若狭野天満神社の御祭神

菅原道真公による

強い御神霊力とが、


あなたをいつも守って

合格へと導いてくれます。




だから、

安心して一歩を踏み出し、


あなたが望む道を進んでいこう。





大丈夫、



「合格」します。





- 天神合格蝉守り -

ロゴとして「梅」と「桜」の花を用いているのは、梅は天神さん(道真公)が愛した梅であり天満神社の社紋であるから、そして桜はサクラ咲くとの合格の願いを込めているから。しかも共に五角(合格)形の花である。テーマカラーは、古来から勝利の縁起を持ち美しい五角形の花である「桔梗」の色を用いている。

天神合格蝉守り

  若狭野天満神社

兵庫県相生市若狭野町野々1190


© Copyright | Tenjin-Goukaku-SemiMamori 2018~. Wakasano Tenman Jinja All rights reserved.